シンガポール商品トラブル! 中古品の保証はどうなってるの?

中古品のロレックスが、購入及び修理代金でS$12,500―も使ったにもかかわらず、三週間の間に2回も壊れてしまったらどうする?

44歳の男性は母親へのプレゼント用に中古のロレックスをS$11,000―で購入した。数日で壊れてしまったため、1500ドルを支払って修理してもらった。

しかし、2週間ほどでまたしても壊れてしまった。

さすがに頭に来た男性はこの品を購入した店に持ち込み、返金を要求。

しかし応対した店主は全額ではなく85パーセント分を返金したという。接客態度もかなり無礼なものだったのだとか。

納得がいかなかった男性は後日、自分よりも体格の大きな友人を連れて再度交渉へ。

すると店主は今にも殴りかからんばかりに怒りだし、結局は警察沙汰に。

店主側の言い分としては、再度無償修理をすると申し出たにも関わらず、全く聞く耳持たずでしぶしぶ返金に応じたのに挙句の果てには別の人まで連れてくるから頭にきたのだとか。

これってどっちもどっちってやつだよね!こういうトラブルを未然に防ぐために中古品にも保障制度があるんじゃないの?そのあたりの話はどうなっているの?ずいぶんといい加減な話だよな、って思ったよ。

Should problems be expected of second-hand goods or was the customer overreacting? What do you think? Read the full story here: http://bit.ly/2gCmFER

Stompさんの投稿 2017年10月22日(日)

ハロアジニュース

こんにちは。
毎日シンガポールのおもしろニュースを投稿してます。

コメントよろしくね。

コメントを残す

Your email address will not be published.

Previous Story

【閲覧注意】 シンガポール路上で小をする女性w

Next Story

シンガポール いきなり見知らぬ人にいちゃもんをつけられたら?

Latest from シンガポールニュース

シンガポール 他人の家を徘徊して写真を撮る男!

家の周りを徘徊し、写真を撮る不気味な男! Bedok North の家のリビングルームで家族とくつろいでいた女性は、誰かが自分の家の外廊下をうろうろと徘徊していることに気が付いた。 そして、持っていたスマホを構える男。

シンガポール ABAセラピストが障害児に虐待行為!

ABAセラピストがまさかの虐待行為! 自閉症及びADHDを患っている男の子の両親が衝撃的な場面が映し出された映像をインスタグラムに公開し、大きな反響を呼んだ。 投稿された長さ40分ほどの映像には、家に派遣されたABAセラ