シンガポールスイミングレッスン中に倒れた6歳女児が死亡

スイミングレッスン中に意識不明になった6歳の女の子が1月9日、意識が戻らぬまま死亡した。

この女の子は昨年12月20日、通っていたスイミングスクールのレッスンを受けていた。

コーチ一人に対し、生徒が5人(女の子含む)でのレッスンだった。

女の子は深さ0.9メートルのプールの中で順番待ちをしていた時に意識を失ったものと思われ、ライフガードに発見され、病院へ搬送された。

病院への搬送時、心臓は止まった状態で、生命維持装置に頼らざるを得ない状況だったが、20日後に死亡した。

担当コーチのコーチ免許は現在停止されているという。

女の子は一人娘で、親や祖父母が小学校入学を心待ちにしていたところだったのだそうだ。

可愛そうに。ご冥福をお祈りします。お父さんお母さん、祖父母の悲しみは計り知れないものがあるだろうね。
何らかの原因で意識を失って、そのまま水の中に沈んでしまったっていうことなのだろうか?コーチは即座に気が付かなかったのかな?

Girl, 6, dies after mishap at Kallang Basin public pool, coach's teaching licence suspended http://bit.ly/2D5AFRT

Stompさんの投稿 2018年1月12日(金)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。