シンガポール酒類売ってもらえない!激怒のコンビニ客が店員を脅す!

2月15日午後10時半過ぎ頃、コンビニエンスストアの客が酒類を買わせてもらえないことに腹を立て、店員をナイフで脅して怪我をさせる事件が発生した。

コンビニ店内では事件発生当時、酒類規制法案(the Liquor Control (Supply and Consumption) Act)の規定により、午後10時から午前7時までの間、酒類のショーケースには鍵がかけられ、商品を取り出せないようになっていた。

お酒を買うことができないことに腹を立てた客は、店のスタッフをナイフで切り付けたという。

店員は顔や腕から出血し、着ていたシャツなども血に染まった状態になってしまっていた。病院へ搬送され、傷の手当てを受けたという。

この客の人、旅行者とかだったのかな?シンガポールの法律を知らなければ、何でだよ!?って言いたくはなるかもしれないよね。
だからって、店員をナイフで脅しちゃいかんよね。
店員さんも災難だったよね。

Why attack someone who was only trying to do his job? 😠 https://goo.gl/Q4g1sA

Stompさんの投稿 2018年2月18日(日)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。