ハロアジを代わりに運営しませんか。

シンガポールナイトクラブ喧嘩でナイフ振り回し! 一歩間違えば致命傷!

3月31日深夜、Jalan Besarにあるナイトクラブで、27歳の男が41歳のクラブ経営者の男性にナイフを振り回して怪我をさせる事件が発生。

支払いの件で口論になった末、男が持っていたナイフを振り回したということだ。

被害者の男性は腕や肩、頭部に数か所傷を負った。

頭の傷は一歩間違えば致命傷になっていたかもしれない。腕の傷はかなり深く、骨がむき出しになってしまっている部分もあるのだそう。

それでも男性は病院へ行くのを頑なに拒んでジョボールバルに行ってしまい、事件以降経営しているナイトクラブには顔を出していないのだとか。

ナイフを振り回すなんて恐ろしい… 位置がもう少し悪ければ亡くなっていたかもしれないなんて、ゾッとしてしまうね。

被害者の男性、そんな大けがを負ったにもかかわらず頑なに病院へ行くのを拒むのには何か理由があるのだろうか?

骨が見えてしまうほどの傷を負って痛みに耐えることが出来るのだろうか?

“The blow missed his head by a little. It could have killed him,” said the victim's stepson. Read the full story here: https://bit.ly/2qjRm2E

Stompさんの投稿 2018年4月9日(月)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ハロアジトップへ