シンガポール20年前の元死刑囚に無期懲役刑!

20年前、親戚の男性をナイフで刺し殺し、一度は死刑を言い渡された男に無期懲役刑が言い渡された。

男と親類の男性は金銭トラブルから互いの仲が険悪になり、言い争いが続いていた。

被害者の男性が男の顔を殴るなどの暴力を振るったことに腹を立てた男は近くの店で刃渡り13センチのナイフを購入し、そのナイフで男性を刺し殺した。

本来であれば殺人罪が認められれば死罪が確定するところだが、この男の場合、最初に口論をけしかけてきたのは相手の方だった事、妻と娘を早くに亡くし母親だけが彼の肉親である事、てんかんの持病がある事などを考慮したうえ、死罪ではなく無期懲役刑が適用されたという。

男は2000年~2007年にかけてIMHに拘留されていた。

ナイフを店で買って刺し殺したってことは殺意があったのだろうけど、色々な事情を考慮した結果なんだろうね。

死罪と無期懲役か。うーん、正直どっちもどっちな気もする。

He stabbed the victim in the back with a 13cm-long knife he had bought at a supermarket. https://bit.ly/2HgwOmW

Stompさんの投稿 2018年4月20日(金)

コメントを残す

Your email address will not be published.

Previous Story

ジョホールでシーフードを思いっきり堪能したいなら! Krusty J Crabへgo!

Next Story

ブギスにポケ丼屋さんOPEN!!Aloha Poke」

Latest from シンガポールニュース

シンガポール 実の娘にレイプ!44歳男に懲役刑!

性的嫌がらせ行為からレイプへ!実の父親に懲役刑! 44歳の男は実の娘に対し性的な行為を最低でも週1回、9歳から15歳までのおよそ6年間続けていたのだという。 最初は体を触るなどだったものが、だんだんとエスカレートし、しま