ハロアジを代わりに運営しませんか。

シンガポールサイクリスト 競技中に行方不明!3日後に遺体で発見される。

5月6日、マレーシアIpohで行われた160キロサイクリングイベントの途中で行方不明になっていた56歳のシンガポール人男性が、3日後に遺体で発見された。

男性はゴール手前13キロメートル付近で発見された。

男性がゴールになかなか到着せず、連絡も取れないのを心配したチームメイトが警察に通報した。

彼は恐らくレース中に失神し、そのまま行方が分からなくなってしまっていたようだ。

失踪前に休憩を取った時、足がけいれんを起こしていたというが、それ以外に特に変わった様子は見られなかったという。

現在、検死官が男性の遺体を解剖中ということだ。

160キロだなんてとてつもない距離だよね。とても過酷なレースだから、体に相当な負担がかかって命に係わる事故が起きても何らおかしくはないのだね。

もう少しでゴールだったのに本人もとても残念だっただろうね。

"He was suspected to have fallen off his bicycle after fainting." https://bit.ly/2rvHl3w

Stompさんの投稿 2018年5月9日(水)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ハロアジトップへ