シンガポール服装倒錯性フェティシズム男、ビューティサロンで下半身露出で罰金刑!

服装倒錯性フェティシズムである既婚者男教師が、ビューティーサロンの店員の前で下半身を露出!

逮捕された男は$1,500―の罰金刑を言い渡された。

服装倒錯性フェティシズムとは、性同一性障害の関連用語。自分の性と反対の服装をすることで性的興奮するのだそうだ。

男はこのサロンのコースのチケットを購入し、施術を受けていたという。

スタッフが男の顔を洗っていると、男は性的に興奮し、勃起したものをそのスタッフに見せつけたという。

驚いたスタッフはその場から逃げ出し、同僚に助けを求め、警察に通報。

部屋に入った同僚も男の下半身を見たということだ。

男は既婚者で、二人の子持ちだということだ。この一件については反省の意を表しているという。

世の中、色々なフェチが存在するのね。ビックリだわ。

どんなフェチにしろ、自分に楽しむ分には別に良いと思うのだけれど、それが他人に迷惑が及ぶとなるとどうかと思うね。

As the beautician was washing the accused's face, he became aroused and undid his skirt. The beautician spotted his erection and ran out of the room. Read the full story here: https://bit.ly/2tnO28b

Stompさんの投稿 2018年6月19日火曜日

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ハロアジトップへ