シンガポール精神病棟看護師、入院患者に暴力で懲役刑!

Institute of Mental Health (IMH)に入院中の精神病患者に暴力を振るった27歳の男性看護師に懲役6か月が言い渡された。

被害を受けたのは56歳の男性入院患者。この患者が昼食終了後、トレイを別の看護師に向けて投げつけた。

それを聞きつけた被告の看護師は男性の元へ行き、彼を落ち着かせようと試みたが、暴れだしてしまったのだという。

看護師はその様子を見て激高。患者の背中を最低4回は蹴飛ばし、襟元を掴んで無理やり部屋に引きずり入れると、ベッドに縛り付けたということだ。

患者は後に手指を骨折していることが判明。

看護師は職を免ぜらた。

看護師の弁護士によると、精神病病棟で働く多くの看護師がcaregiver syndrome を発症し、多くの不安とストレスを抱えて仕事をせざるをえない状況に追い込まれているということだ。

看護師としての仕事ってすごく大変だろうな、って思うけれど、精神病棟では猶更だろうね。

大の大人が本気で暴れだしてしまったら、ちょっとやそっとでは太刀打ちできないだろうね。

看護師の方も精神を病んでしまいかねない状況、本当に壮絶な現場なんだろうね。

"It is a known fact that a large number of nurses and healthcare professionals suffer from caregiver syndrome (which) causes anxiety and stress," said his lawyer. https://bit.ly/2lr0JLV

Stompさんの投稿 2018年6月21日木曜日

ハロアジニュース

こんにちは。
毎日シンガポールのおもしろニュースを投稿してます。

コメントよろしくね。

コメントを残す

Your email address will not be published.

Previous Story

シンガポール国産豚の食べ方 7話 | 3rd guy : ジェンくん from クリスマス婚活パーティー

Next Story

シンガポール朝の銀行のロビーの床で熟睡の男性!その恰好がまたすごい!

Latest from シンガポールニュース