シンガポール老舗のパン屋で機械に挟まれ、オーナー死亡!

6月25日、73歳のパン屋のオーナーが仕込み作業中に誤って機械に巻き込まれ、死亡する事故が発生した。

事故当時、男性は一人で仕込み作業を行っていたという。工業用ガス式クッキングミキサーに何らかの原因で体を挟み込まれてしまったらしい。

他の階では別の作業員が作業に当たっていたという。事故が起きた部屋で何か焦げたようなにおいがしたけれど、実際に何が起こったのかまでは把握できなかったということだ。

男性は機械から引き出され、その場で死亡が確認されたということだ。

男性が経営していたパン屋は創業70年以上を誇る老舗だったということだ。

身体ごと巻き込まれてしまうなんて、相当に大きな機械なのだろうか?作業場に一人だったってのも不運だったよね。

それにしてもそんな機械、危険極まりないよね!安全基準は一体どうなっているのやら!?

Workers only noticed something amiss when they a burning smell coming from the machine on the second floor. https://bit.ly/2tBIyHE

Stompさんの投稿 2018年6月27日水曜日

ハロアジニュース

こんにちは。
毎日シンガポールのおもしろニュースを投稿してます。

コメントよろしくね。

コメントを残す

Your email address will not be published.

Previous Story

シンガポール3児の父、男性の寝こみを襲い、同意なしのオーラルセックス!

Next Story

シンガポール高速道路 バスがインター出口を出そこなってバック!?

Latest from シンガポールニュース

某ジムでセクハラ疑惑!証拠動画を抑えた女性 GOOD JOB

シンガポールジム でセクハラ疑惑? 某ジムでやたら接触が多いフリーランスのトレーナー(男)と生徒(女)さん。 フリーランス・トレーナー(男)が、生徒(女)さんのお尻を触ってたので、ジムに来ていた女性が(彼女もトレーナー)

シンガポール 闇組織員が葬式で唱えたスローガン!

葬式中に暴力団のスローガンを唱え続けていた男達! 昨年8月、22歳から45歳までの男8人が、闇組織の一員であるとして逮捕された。 彼らは葬式の最中に闇組織のメンバーであることを見せびらかすためか、その組織のスローガンを唱