シンガポール 暴動傷害後、海外逃亡の末に自首男に懲役刑!

2

2014年、けんか騒ぎの最中にsteering wheel lockを使って二人の韓国人男性に怪我を負わせた26歳のシンガポール人男に対し、懲役2年半及び杖刑6回が言い渡された。

この男は、この事件の後、国外に逃亡。今年1月にシンガポールに戻り、自首したということだ。

男は友人と一緒にクラブで酒を飲んでいた時、韓国人男性と口論となった。どちらも酔っぱらった状態だった。

クラブを出た後、このグループはホテルのロビーで先ほどの韓国人と再び取っ組み合いの喧嘩になった。

steering wheel lockで彼らを攻撃すると、ダメージを受けてその場から動けなくなってしまった。

韓国人男性らは病院に搬送された。鼻の骨を折るなどの怪我を負い、しばらく入院したいう。

ずいぶんと長い間海外に逃亡していたのだね。どうしてシンガポールに帰って自首する気になったのかな?

血気盛んな男性が起こす集団暴動は傍から見ても相当に怖いのだろうな。

https://www.todayonline.com/singapore/jail-caning-man-who-beat-two-others-steering-wheel-lock

2 Comments

  1. これあの事件だ!韓クラ女子絡みで、結局喧嘩になって韓国人男性の頭蓋にヒビ入ってしまたやつ

  2. 3年で出れるの分かったから戻ってきたんだろ

コメントを残す

Your email address will not be published.

Previous Story

シンガポールイマドキの結婚、離婚事情は如何に?

Next Story

シンガポール未成年少女に変態行為の男に懲役5年!

Latest from シンガポールニュース

シンガポール メイドに暴力! 雇用主女に懲役刑!

メイドに対し事あるごとに暴力を振るい、ケガをさせた女に懲役6か月! 39歳の女は33歳のインドネシア出身のメイドに対し、家事のやり方が気に入らないなどの理由で数度にわたり暴力を振るったとのこと。 女は持っていたお玉や電話