シンガポール男含む8人が誘拐及び身代金要求!薬物反応も。

7月14日、マレーシア Johor Baruで、シンガポール人男一人と他8人が二人のインドネシア人を誘拐した上、身代金を要求したとして逮捕された。

彼らは被害者の妻に電話をかけ、夫を誘拐したことを告げると、身代金としてRM450,000 (S$152,097) を要求。妻の友人が警察に連絡をし、犯人逮捕に至った。

もう一人の被害者はBatu Pahatで警察に救出された。犯人に背中に熱湯をかけられ、火傷を負った模様。現金RM36,000 (S$12,158)と鉄砲、薬物などが押収されたということだ。

警察の調べによると、犯人全員から薬物に対する陽性反応が出たということだ。マレーシアやインドネシアをバックラウンドにして機能する組織との関連が示唆されている。

ずいぶんと手荒なやり口だな、と思ったら全員から薬物の陽正反応!

薬物の闇取引って氷山の一角で実はすごいことになっていたりするのかな?

The suspects were also involved in a drug syndicate that was active in Malaysia and Indonesia. https://bit.ly/2LsSjiv

Stompさんの投稿 2018年7月18日水曜日

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ハロアジトップへ