シンガポール脱税タバコの”無駄無駄無駄無駄”隠し方。

ウエスト回りに脱法たばこを隠したけれども、ものの見事に見つかっちゃった!

残念ながその努力は正しく ”waisted”(無駄) だった!

7月19日、Woodlands Checkpointの職員が、ゲートを通り抜けようとした二人のシンガポール人男の腰回りが不自然に膨らんでいるのを発見。

上着をめくってチェックしてみると、二人のズボンと胴体の間に二箱の脱税タバコが挟まった状態で発見されたのだ。

2人はそれぞれ600ドルの罰金刑に処せられたということだ。

ウエストとウェイストね。上手い!

そんなところに隠さないで、もっと上手に隠す方法だってあったのでは?あまりに単純すぎて逆にばれないとでも思ったのだろうか?

Guess it’s no “cigarette” that crime doesn’t pay. Read the full story here: https://bit.ly/2mJmur3

Stompさんの投稿 2018年7月23日月曜日

1 Comment

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ハロアジトップへ