シンガポールアクセルとブレーキを踏み間違えて妻が死亡!

2017年4月、Ang Mo Kioで夫がアクセルとブレーキを間違って踏み込んでしまい、車の傍らに立っていた妻がその車に轢かれて死亡する事件が発生した。

67歳の夫は、助手席側の扉が開いた状態でその脇に自分の妻がいるにも関わらず、誤って車を発進してしまった。

妻の悲鳴に驚いた夫は、ブレーキの代わりにアクセルを思いっきり踏み込んでしまった。

車は後方に急発進。後ろにあった建物に激突して止まった。

妻は衝撃でよろめき、左側の車輪に轢かれ、頭部に損傷を負った。彼女は搬送先の病院で死亡した。

検死官の検分によれば、これは”不幸な偶然のために起きてしまった事故”だということだが、

妻が車のドアが開いたままの状態で立っていたにもかかわらず車を発進してしまうなど、運転中だった夫に周辺への配慮が不足していた点については否めない、と言及した。

高齢者のブレーキとアクセルの踏み間違え事故、あるあるだよね。

最近でこそ間違えを防止する機能が発達してきてこのような事故は少なくなってきてはいるかもしれないけれど。

とっさのことで舞い上がってしまって、全く自分の意に反したことをしてしまう事って、高齢者でなくとも起こりうることだと思う。

図らずも奥さんの事を殺す結果になってしまった旦那さんの気持ちを考えるといたたまれないよ。

The man panicked when he heard his wife scream, and stepped on the accelerator which he mistook for the brakes. Read the full story here: https://bit.ly/2OhrqQc

Stompさんの投稿 2018年7月25日水曜日

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ハロアジトップへ