シンガポール逆上した社長が顧客にハンマーを振りかざして逮捕!


車の修理工場の社長が客に暴力を振るって怪我をさせて逮捕された。

9月27日、Kaki Bukit Avenueにある車の修理工場で事件は発生した。

トヨタ車のボンネットを開いて話をしていた社長と客がいた。社長が、突然ボンネットを閉めた時、客の腕がボンネットに挟まってしまった。

それをきっかけにして二人は取っ組み合いの喧嘩に。周りにいた人が止めに入っても全く止めようとしない。

とうとう60歳の社長は手に持っていたハンマーを43歳の客の頭に振り下ろしてしまった。

客は怪我を負い、病院へ搬送された。

この社長と客との取っ組み合いの喧嘩が始まる前から、車の修理費についてかなり揉めていたということだ。

いくらお客との間で揉めていて頭にきていたとしても、ボンネットでお客の腕を挟んでしまったことに関してはその場できちんと謝るべきでは、って思ったよ。

たまたま手にハンマーを持っていたからって、それを振り回せば、ましてや頭をぶてばどうなるかくらい分かるだろうに。

Here’s what led to the dispute: https://bit.ly/2zWUqrh

Stompさんの投稿 2018年10月8日月曜日

コメントを残す

Your email address will not be published.

Previous Story

シンガポール 自損事故発生で同乗者死亡!

Next Story

シンガポール2年前に話題になった失踪娘がゴールイン!

Latest from シンガポールニュース

シンガポール 不正搾取で若者4人を逮捕!

およそ12000ドルを不正搾取した疑いで15歳から21歳までの若者4人が警察の取り調べを受けている。 11月15日の真夜中、出会い系サイトで知り合った二人の男と会ったと言う被害者から通報があった。 この二人は、交通事故で