シンガポール通夜で援助を断った姉を刺殺未遂の80歳男に懲役刑!

兄弟の通夜の席で別の兄弟を刺し殺そうとした80歳の男に5年間の懲役刑が言い渡された。

2016年4月、無職の被告男に金銭的な援助を続けてきた姉の一人が亡くなった。

男は15年ほど無職の状態が続いていた。

2006年に母親が亡くなるまでは母親から金銭的援助を受けており、その後は亡くなった妹からの援助で暮らしていた。

妹が亡くなったことで金銭面で不安を持った男が通夜の席で別の妹に金銭的な援助を続けてもらえるのかを訊ねたところ、返事はNOだった。

その返事に動揺した男は通夜明けの朝、隠し持っていたナイフでその妹を刺し殺そうとしたのだという。

しかし、妹が抵抗し、通行人に見つかったことで殺人は未遂に終わり、その場から逃げ出した男はその足で警察に自首したということだ。

親兄弟に完全に依存してて、思うように援助してもらえないとなると殺してしまおうだなんて、どうしようもない男だね。

Chan spent the night thinking about the rejection and decided to kill Sow Lin.
https://bit.ly/2PnM1CK

Stompさんの投稿 2018年10月8日月曜日

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ハロアジトップへ