シンガポール少年二人が隠し撮り!保護観察処分へ。

同級生や先生などの覗き見画像を60枚以上撮影、保持していた16歳の少年二人に1年9か月間の保護観察処分が言い渡された。

少年の両親にも5000ドルの支払いが命じられた。

二人は学校内だけでなくショッピングモールや図書館などでも隠し撮りをしていた。宿泊研修でも同様に行っていたという。

スマホのカメラを録画モードにした状態で下に隠し置き、知らずにその上を通る女子生徒などの下着姿を映していたのだそう。

1人の少年が隠し撮りの仕方をもう一人に伝授したのだとか。

気が付いた女子生徒の一人が先生に報告。先生がスマホのロックを外して画像を見せるように言っても彼らは頑なに拒んだというが、後に自分たちの行為を白状したということだ。

少年たちが異性に対して興味津々なのは分かるけれど、これはやってはいけないことだね。

知らないうちに写真を撮られているかも、と思ったら本当にゾッとするね。

Police later found 27 upskirt and attempted upskirt videos on his phone, along with five videos of girls in the shower. https://bit.ly/2q9C3tM

Stompさんの投稿 2018年10月24日水曜日

コメントを残す

Your email address will not be published.

Previous Story

シンガポールキャバと言えば、 シンガポールキャバクラCCクラブ !!

Next Story

シンガポール漏えい情報でショッピングしたカップル逮捕!

Latest from シンガポールニュース

シンガポール 実の娘にレイプ!44歳男に懲役刑!

性的嫌がらせ行為からレイプへ!実の父親に懲役刑! 44歳の男は実の娘に対し性的な行為を最低でも週1回、9歳から15歳までのおよそ6年間続けていたのだという。 最初は体を触るなどだったものが、だんだんとエスカレートし、しま