シンガポールプロモ情報募集中

シンガポール 新聞社に送り付けられた謎の手紙!

11月2日、新聞社の記者室に奇妙な手紙が送付されたため、SCDFが呼ばれて捜査するというアクシデントが発生。

その奇妙な手紙にはイギリスからの消印が押されていた。

女性スタッフ3人がその手紙を開封すると、刺激臭のようなにおいがし、めまいや催涙を感じたのだとか。

手紙の文章は支離滅裂だったのだそう。

連絡を受けて駆け付けたSCDFがこの事務所一帯を立ち入り禁止にし、中身を確認したところ、特に毒性のものは検出されなかったということだ。

手紙は警察に手渡され、警察が調査を行っている。

イギリスの消印ってのが怪しさ倍増だわね。

こういう嫌がらせをして密かに喜ぶ輩って確かに一定数存在するのよね。ホント腹立たしい。

スタッフの人達も嫌な思いしたよね。大きな被害にならずに済んで良かったよ。

警察には徹底的に調査して犯人を割り出して、逮捕してほしい。

Three female employees said they felt dizzy after coming into contact with the letter. Two also felt teary. https://bit.ly/2AJwUi4

Stompさんの投稿 2018年11月2日金曜日

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ハロアジトップへ