シンガポール 出所後すぐに性的嫌がらせ行為で再度懲役刑!

出所したにも関わらずほどなくして再度同じ罪で懲役刑!

55歳の清掃作業員の男は2014年、義理の孫に対して性的嫌がらせ行為を行い、2年半の懲役刑に処された。

しかし出所後間もない2017年10月のある日の真夜中、13歳の同じ少女が寝ているところに忍び寄り、体を触るなどの嫌がらせ行為を行ったのだという。

少女は家族に事実を話し、家族が警察へ通報した。

男は再び2年半の懲役刑を言い渡された。

裁判の席で被告の男は罪を犯したのは自分の妻では満足できなかったからだ、と釈明。情状酌量を求めたということだ。

は?自分の妻で満足出来なかったからって子供に手を出していいって事じゃないでしょ?

しかも出所してすぐに同じ事繰り返すなんて、全く反省してないじゃないか!?

2回目なんだから刑期をもっと長くしてもいいのでは?とも思ってしまったよ。

The man, who cannot be named due to a gag order to protect the girl's identity, was sentenced to two and a half years' jail on Nov 8 after pleading guilty to a molestation charge. https://bit.ly/2Qr0e2d

Stompさんの投稿 2018年11月8日木曜日

コメントを残す

Your email address will not be published.

Previous Story

シンガポール 同日に2体の水死体が発見される!

Next Story

シンガポール 建物9階の外壁の一部が崩落 けが人なし。

Latest from シンガポールニュース