シンガポール 入院患者がスイカを喉に詰まらせて死亡!

2017年1月、65歳の入院患者が食事として提供されたスイカを喉に詰まらせて死亡する事故が発生した。

男性は病院のベッドで倒れているのを看護師に発見され、すぐに処置を行ったものの死亡したということだ。

男性の声帯や気管支にスイカやご飯の粒が詰まっていたことが確認され、検死官によって異物混入による窒息死と確認された。

男性は頭部のけがのため、病院に入院中だった。歯が無いため柔らかい食事を提供されていたというが、入院中に総入れ歯が出来たので普通食に戻っていたということだ。

死亡した男性の家族の話によると、男性は以前から物を良く噛まずに呑み込む癖があったのだという。

お餅を喉に詰まらせて死んでしまう高齢者の話はよく聞くけれど、スイカを詰まらせて死んでしまうこともあるなんて、ととても驚いたよ。

普段から食べ物は良く噛んで食べましょう、って言われるけれど、早食い、丸飲みの癖が思わぬ結果を招いてしまうこともあるのだね。

Ms Cao could not find any records stating that Mr Verney required a specific diet when she later looked through his…

Stompさんの投稿 2018年12月6日木曜日

コメントを残す

Your email address will not be published.

Previous Story

【画像あり】 シンガポールマーライオン に人魚姫!?

Next Story

シンガポール4歳女児を死亡させた運転手に懲役刑!

Latest from シンガポールニュース

シンガポール 不正搾取で若者4人を逮捕!

およそ12000ドルを不正搾取した疑いで15歳から21歳までの若者4人が警察の取り調べを受けている。 11月15日の真夜中、出会い系サイトで知り合った二人の男と会ったと言う被害者から通報があった。 この二人は、交通事故で