バイト・インターン募集してます。

シンガポール殺人疑いの被告男、裁判中も終始無表情。

昨年12月30日、Geylangのホテルで34歳のバングラディシュ人女性が犠牲となった殺人事件が発生。

犯人の男が1月2日、殺人の疑いで裁判にかけられた。

ホテルのスタッフが室内で女性の遺体を発見したという。彼女の身体には首を絞められた跡と腕からの出血があったということだ。

被害者と加害者は互いに知り合いだったということだが、詳しい関係性については明らかにはされていない。

裁判の席では加害者は終始無表情だったということだ。

裁判は9日に再度行われる予定。

男の殺人罪が確定すれば死刑となる。

人間、極限状態を超えてしまうと逆に何の表情も出来なくなるのかもね。

実際に死刑判決が下った時はどんな反応になるのだろうか?

The deceased had marks on her neck and bruises on her arms. https://bit.ly/2Ra55tf

Stompさんの投稿 2019年1月3日木曜日

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ハロアジトップへ