シンガポール全国飲酒運転取り締まりで4人が逮捕!

1月4日、国内各地で飲酒運転取り締まりのための検問が行われ、21歳から49歳までの男3人、女1人が飲酒運転の疑いで逮捕された。

飲酒運転には初犯では5000ドル以下の罰金刑及び最低12か月間の免許停止処分が下される。再犯の場合には最高3万ドルの罰金刑及び3年以下の懲役刑、相手を死亡させた等重大な過失の場合は杖刑も追加されることとなる。

2018年1月から9月の間に、飲酒運転による事故は126件発生しており、前年と比べても20パーセント以上増加しているということだ。

又、死亡者も160人に上っており、昨年同時期の126人を上回っている。

警察は今後も厳しく取り締まりをおこなっていく方針だということだ。

日本もそうだけど、飲酒運転の取り締まりはどんどん厳しくなっていくのだろうね。

1人1人の意識を変えていくのはとても骨の折れる作業だとは思うけれど、一番確実な方法だものね。

飲んだら乗るな、乗るなら飲むな、を徹底しないとだね。

n the first nine months of 2018, there were 126 drink-driving accidents. This is an increase of 22.3% as compared to the same period in 2017. https://bit.ly/2TxZskZ

Stompさんの投稿 2019年1月6日日曜日

ハロアジニュース

こんにちは。
毎日シンガポールのおもしろニュースを投稿してます。

コメントよろしくね。

コメントを残す

Your email address will not be published.

Previous Story

シンガポール 屋台から野菜を盗もうとした38歳女逮捕!

Next Story

シンガポールソフトボールイーグルファイブ 体験会

Latest from シンガポールニュース

シンガポール 路上で人目もはばからず排便⁉

路上で人目もはばからず排便する男性がいた! ある日の朝早く、1人の年配男性がバス停後方の草むらでしゃがみ込んでいたらしい。 彼は何とその場でおしりを丸出しにして排便していたのだった! 周りの人の目を気にする素振りなど全く

シンガポール 池で魚が大量死!

池に浮かんだ大量の魚の死体!原因は? 10月18日夕方、Punggol Point Parkの池で多数の魚の死体が浮いているのが発見された。 魚の死体は回収され、池の水は総入れ替えされたということだ。 原因は藻の大量発生