シンガポール 77歳男性孤独死か? 階下の部屋に異変!

Tampinesのフラットの一室で77歳の男性が死亡しているのが発見された。

階下の住人が異臭と、自分の部屋の寝室の天井からしたたり落ちてくる赤い液体がおそらく血液であるのを不審に思い、警察に通報したということだ。

駆けつけた警察が部屋で横たわる男性を発見。その場で死亡が確認された。

男性はここ最近姿が見られなかったというが、普段から近所づきあいが希薄だったため、近所の人はしばらく彼の姿が無くてもそれほど不審に思ってはいなかったということだ。

警察による調査は続行中だ。

天井から血がしたたり落ちてくるだなんて、階下の住民の人にとってみたら完全にホラーじゃないのよ!怖すぎるwww

日本もだけれど、シンガポールでも高齢者の孤独死問題は深刻化しているし、今後ますます増えていくのだろうね。

かく言う自分も将来かなり不安だわ。悲しいかな、自分の姿が見えなくても近所の人には大して気にも留めてもらえ無さそうだもの。

世の中全体が何となく他人にはあえて干渉しない感じになってきているように感じてる。決して他人事じゃないな。

The neighbour was tracing a strange smell she noticed in her flat when she found a dark red liquid dripping from the ceiling in her master bedroom. https://bit.ly/2sSJiYf

Stompさんの投稿 2019年1月29日火曜日

3 Comments

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ハロアジトップへ