シンガポール 農地のライセンス条件違反で罰金刑!

Agri-Food and Veterinary Authority(AVA)によると、農場のライセンス条件に違反した疑いで58歳の男に1500ドルの罰金刑が科されたということだ。

2018年4月、農地の誤用ではないかとの周囲の苦情を受けて、AVA、シンガポール土地局(SLA)、及び労働省(MOM)は、彼の農地に対し夜間潜入調査を行った。

その結果、農場の敷地内にスキップタンクを貯蔵し、そこに従業員ではない二人の外国人を宿泊させていたことが判明した。

AVAの農場使用許諾条件によると、農地は農業用途のみで使用が許可されており、それ以外での利用が発覚した場合には罰金刑や懲役刑が科せられることとなるということだ。

おそらく外国人を住まわせる代わりに家賃収入を得ていたのだろうね。

たしかに、それを農地でやっちゃうのはアカンわね。

お金を正当に得るにはいろいろなハードルを越えなければいけないから大変だ。

He allowed the storage of several skip tanks on the premises of the farm and the lodging of two foreigners who were not employees of the farm. https://bit.ly/2SzK9fA

Stompさんの投稿 2019年2月13日水曜日

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ハロアジトップへ