シンガポール メイドを虐待し重傷を負わせた女に有罪判決!

インドネシア人のメイドに虐待行為を続け、鼻の骨折などの重傷を負わせた41歳の女に有罪判決が下された。

27歳のメイドがこの女の下で働き始めたのは2016年の2月の事だった。はじめからかなり厳しい仕事量を彼女に与え、仕事の様子をCCTVカメラで監視し続け、睡眠時間も十分に取らせていなかったという。

二か月後、仕事中についうたた寝をしていたところを女に見られてしまったことから虐待行為が始まったという。

頭部や背中をプラスチックのボウルで殴ったり、30分ほど片目の視力が無くなったり鼻の骨が折れてしまうほど顔を殴ったりしたということだ。

耐えかねた彼女は別のメイドに助けを求め、そのメイドの助言通りにタクシーに乗ってインドネシア大使館へと足を運んだという事。

そのまま彼女は病院へ入院することになったのだという。

雇用主の女は精神的な疾患を負っているとの事だが、詳細はいまのところまだ明らかにはされていないということだ。

なんて酷い雇用主なんだ!雇用主にも何か相当のストレスがかかっての事だろうとは思うけれど、やりすぎだよ!

メイドさんを助けてくれる人がいて本当に良かったと思うよ。

インドネシア大使館に乗り込め、なんてなかなかカッコいいこと言うよね!

Jenny Chan Yun Hui also hit Ms Rasi's head with a plastic bowl, causing it to bleed. https://bit.ly/2tL9kwR

Stompさんの投稿 2019年2月27日水曜日

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ハロアジトップへ