シンガポール  ニュージーランドの銃乱射事件で怪我を負った男性の容体は?

3月15日、ニュージーランド クライストチャーチのAl Noor Mosqueで銃乱射事件が発生。

50人の命が奪われ、28歳のオーストラリア人男が殺人の疑いで告発された。

この事件で金曜の礼拝中に銃撃を受けたシンガポール在住の男性は、現在もニュージーランドの病院で治療中ということだ。

この男性は40歳代でトルコ出身。妻がシンガポール人で、シンガポール永住権を取得しているとのこと。

男性は数度の手術を経てようやく容体が安定してきたということだが、引き続き注意深く経過を見守る必要があるのだそう。

Ministry of Foreign Affairs (MFA)では怪我を負った男性及びその家族に対して支援を行っている。

この事件で他にもシンガポール関連の人々の死亡者や負傷者が出ているという事。

何というむごたらしい事件!銃の乱射でどれほどの全く関係の無い、罪も無い善良な人々が巻き込まれて不幸のどん底に陥れられるのだろうか?

犯した罪はあまりにも重すぎるよ!

怪我を負った人、どうにか助かって以前と同じ生活が送れるようになるといいのだけれど。

Ms Hamimah, who lives in Singapore, said her husband is in a stable condition after undergoing multiple operations but is still "seriously ill". https://bit.ly/2TP88bu

Stompさんの投稿 2019年3月19日火曜日

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ハロアジトップへ