オーストラリア最悪の小児性愛犯罪、被害者にはシンガポール人男児も。

オーストラリア人小児性愛者がオーストラリアでの裁判の席で44人の未成年者に性的な嫌がらせ行為を行ったことを認め、有罪が確定した。

そして、内5人の被害者がシンガポール人だったことも判明。

この事件はオーストラリアの未成年者に対する性犯罪の中で過去最悪の物だという。

被害者はすべて17歳以下の未成年(多くが10歳から15歳)で、全て男の子だということ。

男は被害者に対し自分との性交渉を強要したり、自分の目の前で未成年同士を性交渉させたのだそう。

そして、その行為を撮影したり、児童ポルノの映像をダウンロードしていたといい、その数は5000枚を超えていたという事。

男への判決はオーストラリアで後日言い渡される予定だ。

小児性愛も個人の趣味趣向だといえば確かにそうなのだけれど、それをやられた相手が深く傷ついてしまう以上、決して許してはいけない行為なのだよね。

他に好きになれる何かはなかったのだろうか?

He took more than 1,000 photographs and videos of sexual acts between the children, which he often directed, and would tell them to relax or smile. https://bit.ly/2M7lFaY

Stompさんの投稿 2019年5月23日木曜日

ハロアジニュース

こんにちは。
毎日シンガポールのおもしろニュースを投稿してます。

コメントよろしくね。

コメントを残す

Your email address will not be published.

Previous Story

シンガポール 事故後の口論で自慢の上半身をさらけ出して威嚇!?

Next Story

シンガポール キングダム 映画 の試写会言って、山崎賢人様見てきたよ!

Latest from シンガポールニュース

シンガポール 他人の家を徘徊して写真を撮る男!

家の周りを徘徊し、写真を撮る不気味な男! Bedok North の家のリビングルームで家族とくつろいでいた女性は、誰かが自分の家の外廊下をうろうろと徘徊していることに気が付いた。 そして、持っていたスマホを構える男。

シンガポール ABAセラピストが障害児に虐待行為!

ABAセラピストがまさかの虐待行為! 自閉症及びADHDを患っている男の子の両親が衝撃的な場面が映し出された映像をインスタグラムに公開し、大きな反響を呼んだ。 投稿された長さ40分ほどの映像には、家に派遣されたABAセラ