シンガポール  PPOを無視して母親に暴力、暴言! 無職28歳男に懲役刑!

personal protection order (PPO) が発令されていたにもかかわらず母親やその婚約者に対して暴言を吐いたり暴力を振るった28歳の無職の男に懲役刑が言い渡された。

男には2015年9月に家庭裁判所よりpersonal protection order (PPO) が発令されていた。再三指導があったにもかかわらず、酒を飲んでは母親に対して暴力や暴言を振るい続けていたのだという。

ある日も男は酔っぱらって帰ってきて台所で暴れ、母親にハグしてほしいと頼んでそれを断られると逆上してさらに暴れ出したのだという。

止めに入った母親の婚約者にも暴力を振るい、顔などに怪我をさせた。多額のお金の無心をすることもあったようだ。

耐え切れなくなった家族は警察に通報。男は逮捕された。男には2週間の懲役刑と1500ドルの罰金刑が言い渡された。

どうしてこんなにすぐにキレて暴力を振るう人間ができあがてしまったのだろう?

おそらく幼少時に母親から愛情を受けた記憶がとてつもなく乏しいのかな?って思う。

ハグして、って頼んだ息子を黙ってハグしてあげていれば、ここまで暴力や暴言を振るうことは無かったのかも。

Shane Chia, who had returned home at around 6am reeking of alcohol, also told his 59-year-old mother to "go and die". https://bit.ly/2ZU008g

Stompさんの投稿 2019年6月27日木曜日

ハロアジニュース

こんにちは。
毎日シンガポールのおもしろニュースを投稿してます。

コメントよろしくね。

コメントを残す

Your email address will not be published.

Previous Story

シンガポール 15歳娘が父親を性的嫌がらせ行為で告発!

Next Story

シンガポール バスの中でナイフで強奪! 30歳男を逮捕!

Latest from シンガポールニュース

シンガポール 他人の家を徘徊して写真を撮る男!

家の周りを徘徊し、写真を撮る不気味な男! Bedok North の家のリビングルームで家族とくつろいでいた女性は、誰かが自分の家の外廊下をうろうろと徘徊していることに気が付いた。 そして、持っていたスマホを構える男。

シンガポール ABAセラピストが障害児に虐待行為!

ABAセラピストがまさかの虐待行為! 自閉症及びADHDを患っている男の子の両親が衝撃的な場面が映し出された映像をインスタグラムに公開し、大きな反響を呼んだ。 投稿された長さ40分ほどの映像には、家に派遣されたABAセラ