シンガポール 崩落高架橋の設計責任者に懲役刑!

崩落した高架橋の設計責任者に懲役6ヶ月が言い渡された。

2017年7月、Tampines ExpresswayとPan-Island Expressway を結ぶ長さ1.8キロメートルの高架橋が建設中に崩落する事故が発生。

1人の中国人作業員が死亡し、10人が怪我を負った。

高架橋のコーベルは重さに耐えきれず破損しているものがほとんどだったということ。

裁判所は61歳の責任者がチェックを十分に行っていれば防ぐことができたとして懲役刑を言い渡した。

この高架橋は2020年上半期に完成予定だったものが延長され、2022年に完成の予定だということだ。

色々な人が使う高架橋がいい加減な設計で作られていたら本当に困ってしまうよね。

設計士にそれまでどれほどのキャリアがあったのかは知らないけれど、慢心が招いた事態だったのかもしれないね。

The engineer was responsible for checking plans and calculations but was negligent with his duties https://bit.ly/2Xps95d

Stompさんの投稿 2019年7月4日木曜日

ハロアジニュース

こんにちは。
毎日シンガポールのおもしろニュースを投稿してます。

コメントよろしくね。

コメントを残す

Your email address will not be published.

Previous Story

シンガポール国産豚の食べ方 29話 19th guy : プリンターガイ

Next Story

シンガポール ホテルの一室で男性が突然死?

Latest from シンガポールニュース

シンガポール 他人の家を徘徊して写真を撮る男!

家の周りを徘徊し、写真を撮る不気味な男! Bedok North の家のリビングルームで家族とくつろいでいた女性は、誰かが自分の家の外廊下をうろうろと徘徊していることに気が付いた。 そして、持っていたスマホを構える男。

シンガポール ABAセラピストが障害児に虐待行為!

ABAセラピストがまさかの虐待行為! 自閉症及びADHDを患っている男の子の両親が衝撃的な場面が映し出された映像をインスタグラムに公開し、大きな反響を呼んだ。 投稿された長さ40分ほどの映像には、家に派遣されたABAセラ