シンガポールメイド苛めに史上最長の懲役刑!

ハンマーや包丁などのあらゆる家庭用品でメイドに嫌がらせ行為を続け、後遺症が残るほどの怪我を負わせた58歳の女に11年の懲役刑及び補償金の支払いが言い渡された。

シンガポールのメイドへの嫌がらせ行為としては過去最悪のもので、一番最長の判決が下されたこととなる。

この女の60歳の夫にも15か月間の懲役刑が言い渡されている。

メイドに対するいじめはおよそ半年の間続き、その間にハンマーで殴る、竹の棒で腹を突くなどの行為でメイドの身体には鼻や耳の変形などの後遺症がいくつか残ってしまったということだ。

メイドにとっては身体的なダメージだけでなく、精神的な苦痛もかなり大きかったということだ。

残念なことに、この夫婦、全く反省の色を示していないのだそう。

シンガポール史上最悪とも言えるメイドイジメをして史上最長の判決を下されながらも反省してないって何よ!?

被害を受けたメイドが本当にかわいそうだ。

後遺症も心の傷も一生消えるものではないのにね。

This is one of the worst cases of maid abuse in Singapore. https://bit.ly/2GHqL8C

The abuse included hitting the maid's…

Stompさんの投稿 2019年8月1日木曜日

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ハロアジトップへ