シンガポール国内各所で薬物違反者の逮捕相次ぐ!

薬物が入ったプラスチックバッグをその場に放置し、オートバイに乗って逃げ去ろうとした21歳のマレーシア人男だったが、Central Narcotics Bureau (CNB) の職員にあえなく取り押さえられ、逮捕された。

押収されたのはアイス(メタンフェタミン)336g。およそ33000ドルに相当し、200人近くの常習者が1週間使うことができる量なのだそう。

この男が逮捕された日と同じ日に他にも3人が薬物所持で逮捕されており、13000ドル超に相当する薬物が押収されている。

又、7月下旬から8月初めにかけて実施された強制捜査によって192人が逮捕され、65000ドル相当の薬物が押収されたということだ。

実に多くの人が薬物の取引や所持に関わっているのだね。これでも氷山の一角に過ぎないのかも、と思うと恐ろしくなるよ。

薬物は使った本人だけでなく周りにいる人々の人生も破壊してしまうね。

どうにか撲滅できないものか、と思うけれど、なかなか難しそうだね。

The plastic bag, recovered at the scene, was found to contain 336g of Ice, a common name for methamphetamine. https://bit.ly/2KsMvGi

Stompさんの投稿 2019年8月5日月曜日

コメントを残す

Your email address will not be published.

Previous Story

シンガポールでガールズバーKIMIDORI、初オープン!?

Next Story

シンガポール無料テレビ 、この日本の映画とテレビ見れますよ!

Latest from シンガポールニュース