シンガポール WoodlandsのMRT駅周辺はティッシュ売りの激戦区!

WoodlandsのMRT駅及びバス乗り場はティッシュ売りの激戦区!

なんと、たった10メートルの間に5人のティッシュの売り手がひしめき合っているのだ!

ティッシュを売っているのは主に車いすに乗った年配の人々。

ティッシュ3パックを固定価格1ドルで売るはずが、価格破壊も起きており、それぞれの売り手が顧客獲得に必死なのだそう。

ある売り手に話しを聞くと、自分の家の周辺には仕事が無く、家族の稼ぎも少ないため、始発の電車でWoodlandsに来て何時間かティッシュを売って自らの生計を立てているのだとか。

日本の街角ではティッシュはサンプリングや広告などのために無料で配られる物っていうイメージがあるから、MRT構内でのティッシュ売りって言うのが正直今一つピンとこないのだけれど、シンガポールではそれなりの需要があるのだね。

そして、売り手は自分の生計を立てるために必死にやっているわけなんだね。

それにしても、10メートルのなかに5人もひしめき合っていたら誰から買えばいいのか分からなくなってしまいそうだwww

It's a competitive industry. https://bit.ly/33GsOnf

Stompさんの投稿 2019年8月18日日曜日

コメントを残す

Your email address will not be published.

Previous Story

シンガポール Redhill路上でけんか騒ぎ!男3人逮捕!

Next Story

スシローシンガポール 、ついに来星!

Latest from シンガポールニュース