シンガポール 危うく恋愛詐欺の被害者になりそうだった43歳女性!

危機一髪!寸でのところで詐欺を免れた43歳女性!

女性は失恋の傷を癒すため、ネットの出会いアプリ上で”台湾出身で現在はアメリカで宝石商として働く男”と知り合い、毎日のようにメッセージをやり取りする仲になった。

男は5年前に母親を病気で失くして以来、とても寂しいなどと自分の身の上を語り、ロマンチックなポエムやセルフィー画像などを送ってきていたのだそう。

それに関して、女性は特に怪しむこともなかったのだそう。

ある日、この男が宝石を運搬する際の関税として必要なので、5000USドルを送金してほしい、と頼んできたのだとか。

彼女は男を助けたい一心で言われるがままにお金を送金した。

しかし、数日後、送金されたはずのお金が届いていないからもう一度送ってほしいと頼まれ、不信感を感じたのだとか。

前回届いていないと言われたお金は彼女側から確認してみたところきちんと送金されていた。

これは怪しいと感づいた女性は警察に通報。

幸い、一旦送金した5000USドルは無事に戻ってきたということだ。(一旦振り込んだものが無事に返還されるは珍しいケースなのだそう。)

ネット上で発生する恋愛詐欺は年々増加傾向にあるということ。警察はどんな人でも被害者になり得るのでくれぐれも注意が必要だと一般市民に対し呼びかけを行っている。

この女の人、とても冷静な部分もあったおかげで怪しいことに気付くことができて本当に良かったよ。

しかも、一旦振り込んだお金も無事に戻ってきたしね。

ネット上で出会った相手に心底のめりこんでしまうのは本当に危険だね。心が弱っているときはついつい依存してしまいがちになるから怖いよwww

The 43-year-old IT manager met a man on a popular dating app who claimed he was born in Taiwan but was now living in the United States as a diamond dealer. https://bit.ly/2kvn9P1

Stompさんの投稿 2019年9月4日水曜日

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ハロアジトップへ