シンガポール 鉄製ポットから幼児の遺体!両親を殺人罪で起訴!

今月10日、Chin Swee Roadのフラットの一室から鉄製のポットに入れられた子供の遺体が発見された。

この件について、2歳半の女児の実の両親が殺人の疑いで起訴された。

この二人は既に薬物違反などの疑いで公判にかけられていたというが、子供を殺したのはそれよりも前のことだったと思われる。

遺体が発見された部屋には現在は別の男性が1人で住んでいるというが、それ以前はこの家族が住んでいたのだそう。

近隣住民の話によると、数週間前より何とも言えない異臭が漂っていたのだという事だ。

後から部屋に住んでいた人、もちろん何も知らずにそこに住んでいたのだろうね。

あまりにも気分が悪くて今後もうその部屋には住み続ける気にはなれないだろうね。

それにしても、実子を殺してポットに詰めて放置なんて、ありえない親だxxx 薬物で完全に頭がやられてしまっているね。

追伸

2歳児は5年前に殺されたとか・・この5年間誰にも怪しまれなかったの?

They are said to have committed the murder in 2014. The toddler’s remains were found just last week. https://bit.ly/2kPrlcy

Stompさんの投稿 2019年9月16日月曜日

1 Comment

コメントを残す

Your email address will not be published.

Previous Story

シンガポール 相手の同意なしに動画撮影男に懲役刑!

Next Story

シンガポール売春婦から金品を奪ってレイプした少年に懲役刑!

Latest from シンガポールニュース