シンガポール 隣人の生活音に宗教的な嫌がらせ行為!

宗教的な心象を著しく害したとして、65歳の女に2年間のmandatory treatment order (MTO) が言い渡された。

女は近所に住む住民の生活音(掃除機の音など)に腹を立て、腹いせに’anak babi’(英語では’baby pig’ )と叫びながら、生の豚肉を玄関先に置いたのだそう。

その家族がイスラム教徒であることを知っていながら!

この家族はこのような嫌がらせ行為を何度かされ、警察に通報したということだ。

集合住宅に住んでいる以上、生活音くらいの音だったら「お互い様」でやり過ごしていかなければいけないところなのにね。

気難しい隣人がいると本当に厄介だね。

宗教上のタブーだと知っていながら豚肉で嫌がらせするなんてホントに最悪。

In one incident, Madam Marliah was cleaning her home with her daughter when Lee became unhappy with the vacuuming noise. https://bit.ly/2CnasuZ

Stompさんの投稿 2019年11月6日水曜日

コメントを残す

Your email address will not be published.

Previous Story

シンガポールLUKA 行ってきたよ! 名物の北海道産牡蠣 + イクラ食べに!

Next Story

シンガポール 置き引きにはご用心!犯人2人を逮捕!

Latest from シンガポールニュース