シンガポール脱糞被告、今度は記憶喪失のフリ⁉

先日、裁判の席で脱糞騒ぎを起こした(https://helloasia.jp/wp-admin/post.php?post=87731&action=edit)49歳の被告が、今度は裁判の延長を要求!

男は、自分は記憶喪失から立ち直ったので新しく弁護士を立てたい、そのためにしばらく裁判を延期してほしいなどと申し出る内容の手紙を裁判官に送ったのだとか。

しかし、裁判官は監獄の医師が男には記憶喪失の兆候は見られないと診断していること、以前にも弁護士を立てる時間はあったはずだということを理由に、男の要求を却下したということだ。

23日に最終弁論が行われる予定。

男は未成年に対する性的嫌がらせ行為など6つの罪で起訴されており、懲役刑、罰金刑、杖刑それぞれが科せられることになるだろう。

しかし杖刑に関しては50歳以上は身体的負担を考慮し、免除されることになっている。男は今年7月に50歳になるのだそう。

これは憶測にすぎないけれど、この被告は杖刑を免れるためにわざとやっていたのかも?

杖刑って高齢者が免除されるくらいだから相当に痛くて辛いのだろうか?

だけど、裁判官からは見事に却下されちゃったからね。ご愁傷様。下された刑はちゃんと全うしてください。

それにしても脱糞したり、記憶喪失の真似をしてみたり、、、なかなかにふてぶてしい男だよね!

The part-time food deliveryman, who turns 50 in June, allegedly raped the girls and forced them to perform oral sex on him while recording the acts on his phone. https://bit.ly/2RaPRlS

Stompさんの投稿 2020年1月20日月曜日

1 Comment

コメントを残す

Your email address will not be published.

Previous Story

シンガポール 2週間で二匹の猫が不審死!現在調査中!

Next Story

シンガポール ホームシックのミャンマー人メイド、雇用主に暴行!

Latest from シンガポールニュース