シンガポール たばこの販売を拒否されて店員に絡み続ける迷惑少年客!

たばこの販売を拒否されて激高する若者の姿をCCTVカメラが捉えていた!

とあるコンビニエンスストアのカウンターの上に座り込み、店員に罵声を浴びせ続ける一人の若者がいた。

若者はNRICの原本ではなくてコピーしたものしか持っていなかったため、コンビニ店員にたばこの販売を拒否されたのだった。

友人が必死に彼をなだめても彼の高ぶった感情は一向に収まらない様子。

「前に来たときはたばこを売ってもらえたのに!」とどうしても納得がいかないようだ。

コンビニ店員は成人であることをきちんと証明できない以上販売するわけにはいかない、と販売拒否の姿勢を貫いたのだそう。

この少年が本当に18歳以上だったのかそうでなかったのかは知らないけれど、少なくとも精神年齢で言えばまだまだ幼児並みだわね。

本当に迷惑な客だ。

でも、そんな客に対しても一貫して販売を拒否し続けた店員さんは素晴らしいと思うよ。

自分が店員だったら怖くなってついつい販売してしまっていたかもwww

The youth is heard saying: "No IC, cannot buy? What the f**k?"

Stompさんの投稿 2020年2月12日水曜日

コメントを残す

Your email address will not be published.

Previous Story

シンガポール 診察中に大暴れ!警察官にも暴行の26歳男!

Next Story

シンガポール 未成年少女と性的関係を持った教師に懲役刑!

Latest from シンガポールニュース