シンガポール サーキットブレーカー政策初日、帰宅勧告に逆らった老人逮捕!

4月7日、Covid-19”サーキットブレーカー”政策がとうとう施行!

施行初日、ボイドデッキでランチをしているところを警察に注意され、それに歯向かった老人が逮捕された。

このボイドデッキ周辺では、警察が巡回し、他にもいた老人のグループにその場所でのランチを止めて家に帰るよう促していた。

71歳の男は警察の呼びかけに全く応じようとせず、大声を出して反抗する態度を見せたため逮捕されたということだ。

5月4日までのサーキットブレーカー政策施行中は、一切の外食が禁止されている。(お持ち帰りやデリバリーサービスの利用は可)

警察に歯向かう時点でアウトだね。これは。

外食が一切禁止されるのって、かなりつらいものがありそう。

日本でも”緊急事態宣言”なるものが一部で発令されたわけだけど、こうしてみると日本の政策はかなり緩いな、って改めて思ったわ。

シンガポールにしろ日本にしろ、今の世の中の情勢って、家に居場所が無い人にとっては地獄みたいなものだろうね。

とにかく早くコロナウィルス騒ぎが終息してほしい!だから今は一人一人が我慢して外出を控えなくちゃいけないね!

The 71-year-old man was arrested for disorderly behaviour on April 7, the first day of Covid-19 circuit breaker measures kicking in.

Stompさんの投稿 2020年4月7日火曜日

ハロアジニュース

こんにちは。
毎日シンガポールのおもしろニュースを投稿してます。

コメントよろしくね。

コメントを残す

Your email address will not be published.

Previous Story

シンガポールカレンダー 2020年。シンガポール行事丸わかり。

Next Story

シンガポール 5歳継妹に性的嫌がらせ行為!少年に更生トレーニング!

Latest from シンガポールニュース