シンガポール 入店拒否されて逆ギレした客が人種差別発言!

Covid19サーキットブレーカー政策違反及び人種差別的発言で52歳の男性が現在警察の調査を受けている。

この男性は食料品店に買い物に訪れたときに、店主からマスクを着用していなかったことを理由に入店を拒否された。

すると男性は怒り出して暴言を吐き、今のコロナウィルス騒動はもとはといえば中国人のせいだ!と罵ったのだとか。

通報を受けた警察がこの男性の身元を割り出し、事情を聴いているところだ。

故意の人種差別的言動で有罪が確定した場合には最高3年間の懲役刑又は罰金刑、もしくはその両方が科せられる。

マスク未着用には初犯で300ドルの罰金刑が科せられることとなる。

まあね、公衆の面前で言っていいことと悪いことあるからね。その区別はちゃんとしてほしいものだね。

マスク未着用で入店を拒否しなければいけない店のスタッフも大変だ!

A store supervisor denied the man entry as he was not wearing a mask. The man took offence and hurled racist remarks and…

Stompさんの投稿 2020年4月19日日曜日

コメントを残す

Your email address will not be published.

シンガポール渋谷あいみ
Previous Story

渋谷あいみ 様、シンガポール で一番キレイかも。

Next Story

シンガポール デリバリーサービスの配達員が配達途中に衝突事故!

Latest from シンガポールニュース

シンガポール サイクリストを襲った野犬!

夜のサイクリング中、突然襲ってきた野犬! 2月15日、夜のShipyard Roadで、突如現れた2匹の野犬がサイクリング中の男性2人に襲い掛かかるアクシデントが発生。 サイクリスト達は突然の出来事に動揺したのか、1人は