シンガポール サーキットブレーカー政策最中に野生のイノシシに餌付け⁉

Lorong Halusで野生のイノシシに餌付け!

今後9人がサーキットブレーカー政策違反の疑いで逮捕、起訴されることになるだろう。

オンライン上に出回っている動画には、男性が15から20頭のイノシシの群れにパンなどの餌を与えている様子が映し出されている。

餌付けをすることによって生態系のバランスが崩れたり、都市部へのイノシシの出没被害など思わぬ影響が懸念されるのだそうだ。

尚、NParksでは以前にも通行人がイノシシの攻撃を受けるなどの被害が報告されている。

今年後半には新しく野生生物法が施行される予定とのこと。

それに加えて今はcovid19に対するサーキットブレーカー政策の施行真っただ中!

彼らの餌付けは正しく不要不急の外出に該当するはずだ。

今この時期に動物園でもないのに餌付けするなんて、一体何を考えてるんだ!って言いたくなるよね。

自分だけは大丈夫だ、って思いあがるのはやめてほしいよ。

それでなくても野生動物への餌付けには思わぬ弊害があるということなのだね。知らなかった。

NParks warned that people should avoid approaching or attempting to feed the wild boars, as these animals are unpredictable in their behaviour and may pose as a risk to public safety.

Stompさんの投稿 2020年4月20日月曜日

ハロアジニュース

こんにちは。
毎日シンガポールのおもしろニュースを投稿してます。

コメントよろしくね。

コメントを残す

Your email address will not be published.

シンガポール焼肉じゃんじゃん カルビ焼肉丼
Previous Story

シンガポール焼肉じゃんじゃん カルビ焼肉丼テイクアウトしてきた。

Next Story

シンガポール NTUCを名乗ったフィッシングメールにご用心!

Latest from シンガポールニュース

シンガポール 悪質すぎる歩行者の嫌がらせ行為!

腹いせか⁉ 歩行者による悪意ありすぎのイタズラ行為! 被害者男性の車のドライブレコーダーにはこの嫌がらせの一部始終が記録されていた。 男性はハザードランプを点灯させて車をバックさせていた。 近くを歩いていた