シンガポール Covid19サーキットブレーカー政策1か月延長決定!

リー・シェンロン首相は、当初5月4日までを予定していたCovid19サーキットブレーカー政策を1か月延長するとの声明を発表した。

政策は機能してはいるものの、”隠れ感染者”による経路不明の感染がいまだに後を絶たないことを懸念。

又、ウェットマーケットなどに多くの人が殺到することにも問題があると言及した。

首相は国民に対し、引き続きできる限り外出を控えて自分の家に留まるよう呼びかけを行った。

最近は外国人労働者の寮などでクラスター感染が発生し、多くの外国人労働者が発症しているとのことだ。

21日には新しく1100人余りの感染者が確認されたが、その中でシンガポール人及び永住者は20人のみ。

政府は集団感染の影響を受けている労働者により多くの措置をとる方針だと述べた。

全国の感染者の合計は9,125人に上っている。

一日に1000人以上も感染が確認されてしまうなんて、相当大変な状態だね。

外国人労働者の寮って相当な人数がいて、かなり混み合っていそうだもの。

そんな中でウィルスが蔓延したら大変なことになるのは当然の結果だね。

ステイホームが裏目に出てる感じ。

まだまだしばらく政策が続くとなると、人々のストレスがますます溜まってしまうよね。

こんななかでも楽しむ方法を見つけて上手く乗り気っていけるといいのだけど。。。

Let's all do our part, please!

Stompさんの投稿 2020年4月21日火曜日

ハロアジニュース

こんにちは。
毎日シンガポールのおもしろニュースを投稿してます。

コメントよろしくね。

コメントを残す

Your email address will not be published.

Previous Story

シンガポール NTUCを名乗ったフィッシングメールにご用心!

Next Story

シンガポール 街中に出来た長蛇の列は何のため?

Latest from シンガポールニュース

シンガポール 悪質すぎる歩行者の嫌がらせ行為!

腹いせか⁉ 歩行者による悪意ありすぎのイタズラ行為! 被害者男性の車のドライブレコーダーにはこの嫌がらせの一部始終が記録されていた。 男性はハザードランプを点灯させて車をバックさせていた。 近くを歩いていた