シンガポール初! stay-home notice (SHN)違反で懲役刑!

stay-home notice (SHN) に違反した男に懲役刑!

サーキットブレーカー政策が施行されている最中に外食をしたり彼女と外を出歩いた34歳男に6か月間の懲役刑が言い渡された。

SNH違反で有罪が確定するのはこれが初めて。

男はミャンマーから帰国した際にSHNの内容を確認したとの覚書にサインをしたのだという。

しかしそれにもかかわらず帰り道に彼女と待ち合わせをしてフードコートに行き、そこでバクテーを食べたとのこと。

しかもその時のバクテーの写真をSNSに上げていたらしい。

その後家に帰ったのは夜10時過ぎだったとのこと。

後日、Immigration and Checkpointsの職員が男の家を捜査しに来たとのことだ。

今まで普通にやっていたことが犯罪行為になってしまうなんて。辛いものがあるなw

だけど誓約書にサインしたにもかかわらずそこに明示されていた違反行為をしてしまうのはダメだわね。

しかもSNSにまで上げちゃうなんて、相当迂闊だわね。

これくらいならいいだろう、みたいな甘い考えが感染拡大につながってしまっているのが現実だからね。

Comfort food no more.

Stompさんの投稿 2020年4月22日水曜日

ハロアジニュース

こんにちは。
毎日シンガポールのおもしろニュースを投稿してます。

コメントよろしくね。

コメントを残す

Your email address will not be published.

Previous Story

シンガポール 街中に出来た長蛇の列は何のため?

Next Story

シンガポールおすすめお土産10選!

Latest from シンガポールニュース

シンガポール 泥酔の無職男が父親を殴打!

酔っぱらって口論となった父親にケガをさせた男に懲役刑! 34歳無職の男は真夜中に泥酔して家に帰り、68歳父親を意味もなく怒鳴りつけたのだとか。 二人は口論になり、更にヒートアップした男は父親の左目を3回殴ったのだそう。