シンガポール コロナウィルス感染で入院中の外国人労働者が病院階段踊り場で死亡!

新型コロナウィルス感染の外国人労働者が入院先の病院の階段踊り場で死亡!

4月23日朝、インド国籍の46歳の外国人労働者が病院の階段踊り場で倒れていたのだという。

しばらく後男性はケガが原因で死亡したとのこと。

警察によると事件性はないということだ。

男性は新型コロナウィルスに感染し、その病院に入院中だったということだ。

しかし肺炎などの症状がもとで死亡したわけではないとのこと。

亡くなった男性はおよそ12年間、建設現場で労働者として働いていたということだ。

階段で足を滑らせて落下して打ち所が悪かったのだろうか?

この件で関わった人たちはこの人がウイルス陽性患者だと分かったうえだったのだろうか?

多分分かっていただろうとは思うけれど、もし知らずに普通にしていたとしたら、と思うとめちゃくちゃ怖いよ!

外国人労働者の感染拡大はとても深刻そうだね。

The construction worker was a coronavirus patient but he did not die from causes related to Covid-19 infection.

Stompさんの投稿 2020年4月22日水曜日

コメントを残す

Your email address will not be published.

Previous Story

シンガポールおすすめお土産10選!

Next Story

シンガポール 廃棄物処分場の中で男性の変死体発見される!

Latest from シンガポールニュース