シンガポール サーキットブレーカー政策中に性的サービス!55歳女を告発!

Covid19サーキットブレーカー政策最中にマッサージと性的サービスを行っていた55歳女!

女はCovid-19(一時的措置)法に違反した疑いで裁判にかけられている。

又、無免許でのマッサージ行為、及び広告を出した罪にも問われている。

施術相手が現在告発されているかどうかは明らかになっていないとのことだ。

サーキットブレーカー政策でビューティサロンなどは生活に不可欠な業種ではないとみなされ、休業指示が発令されている。

女は自分の行為が違法だと分かっていたうえでサービスを行っていたということだ。

Covid-19(一時的措置)法違反で有罪が確定した場合、最高10000ドルの罰金刑又は最高6か月の懲役刑、若しくはその両方が科せられることとなる。

収入減が不安で働きたいと思う気持ちは分からなくもないけれどね。

違反がバレれば多額の罰金支払いを命じられて余計に金銭的に厳しくなってしまうことはちょっと考えればわかるよね。

自分に限ってバレないとでも思っていたのかな?いやいや、意外と簡単にバレちゃうんだよね。こういうの。

In tears yesterday, she told the court that she intends to plead guilty, adding: "I know I did wrong."

Stompさんの投稿 2020年4月29日水曜日

ハロアジニュース

こんにちは。
毎日シンガポールのおもしろニュースを投稿してます。

コメントよろしくね。

コメントを残す

Your email address will not be published.

シンガポールツアーガイド ライセンス サイト
Previous Story

シンガポールツアーガイド さんの観光ガイドライセンス入手方法

Next Story

シンガポール ネットで大量購入したタピオカの賞味期限が異常に短かった(泣)!

Latest from シンガポールニュース

シンガポール 路上で人目もはばからず排便⁉

路上で人目もはばからず排便する男性がいた! ある日の朝早く、1人の年配男性がバス停後方の草むらでしゃがみ込んでいたらしい。 彼は何とその場でおしりを丸出しにして排便していたのだった! 周りの人の目を気にする素振りなど全く

シンガポール 池で魚が大量死!

池に浮かんだ大量の魚の死体!原因は? 10月18日夕方、Punggol Point Parkの池で多数の魚の死体が浮いているのが発見された。 魚の死体は回収され、池の水は総入れ替えされたということだ。 原因は藻の大量発生