シンガポール サーキットブレーカー政策最中に広間に集まっていた7人告発予定!

サーキットブレーカー政策真っ最中にRobertson Quayに集まっていた7人が近日告発される見込みだ。

男6人と女1人は、5月16日、Robertson Quayの広間に集まり、互いに近い距離で座っていたということだ。

中には、ビールを飲んでいる人や、マスクを着用していない人もいた。

その時この場には執行人2人と警察官1人がいたにも関わらず誰も彼らに声をかけなかったため、”違反なのにどうして?”という人々の疑問の声が上がっていた。

URAはこの翌日、Robertson Quayにある10のレストランに対し、テイクアウトのアルコールの販売を即座に止めるよう指示を出したとのことだ。

どんな人にもコロナウィルスに感染する可能性とそれを他人にうつしてしまう可能性があるのだからね。

違反行為だ、って決まっているからには誰にでもその違反行為は適用されなくちゃね。

そして、集まっていた人たちももちろんダメだけど、その場にいながら自分の任務を全うしない執行員と警察官の行動もどうかと思うわね。

この人たちには制裁は加えられないのだろうか?

https://mothership.sg/2020/05/covid-19-robertson-quay-charged/

ハロアジニュース

こんにちは。
毎日シンガポールのおもしろニュースを投稿してます。

コメントよろしくね。

コメントを残す

Your email address will not be published.

シンガポールニュース
Previous Story

シンガポール 待ち伏せしていた取り巻きにナイフで襲撃された20歳男性!

Next Story

シンガポールフリーペーパー広告 は効果があるのか?広告出すべきなのか?

Latest from シンガポールニュース

シンガポール 悪質すぎる歩行者の嫌がらせ行為!

腹いせか⁉ 歩行者による悪意ありすぎのイタズラ行為! 被害者男性の車のドライブレコーダーにはこの嫌がらせの一部始終が記録されていた。 男性はハザードランプを点灯させて車をバックさせていた。 近くを歩いていた