シンガポールニュース

シンガポール サーキットブレーカー政策最中に飲み会して警察に抵抗した24歳男に罰金刑!

サーキットブレーカー政策最中に飲み会をし、警察にも抵抗した男に罰金刑!

フィリピン出身のシンガポール永住者である24歳男はサーキットブレーカー政策中の4月19日、同僚5人と飲み会を開催し公衆の面前で飲酒をしていたのだとか。

駆け付けた警察が彼を取り押さえようとすると、男は暴言を吐き、パトカーの下部に2回頭突きした。

この衝撃でパトカーには凹みができてしまったのだそう。

6月22日に開催された公判で、男には4800ドルの罰金刑の支払いが言い渡された。

車が凹んでしまうほどの頭突きって相当に痛いのでは?

痛みを感じないほどに飲んだくれていたのだろうか?サーキットブレーカー政策の最中だったというのに!

Guimere caused more than $300 in damage to the vehicle after banging his head twice on its boot.

Stompさんの投稿 2020年6月22日月曜日

コメントを残す

Your email address will not be published.

Previous Story

日本人夫婦が作った、 シンガポールHDB写真集 気になる!

Next Story

シンガポール 性的サービス詐欺で10代若者二人を逮捕!

Latest from シンガポールニュース

シンガポール 不正搾取で若者4人を逮捕!

およそ12000ドルを不正搾取した疑いで15歳から21歳までの若者4人が警察の取り調べを受けている。 11月15日の真夜中、出会い系サイトで知り合った二人の男と会ったと言う被害者から通報があった。 この二人は、交通事故で