シンガポール サーキットブレーカー政策最中に飲酒の白人7人に罰金刑!

サーキットブレーカー政策最中の5月16日にRobertson Quayに集まり、飲酒をしていた白人7人に罰金刑!

彼らはサーキットブレーカー政策最中であるにもかかわらず広場に集まっておよそ30分間飲酒したり、酒を飲んだりしていた。

彼らはアメリカやオーストラリア出身の30歳から52歳までの男女。

7人の内4人には9000ドル、残り3人には8000ドルの罰金の支払いが言い渡された。

8000ドル、9000ドルの罰金刑はかなり手痛いものだね。

違反者が白人だろうが法の下では平等であるべきだね。

Defence lawyers for the seven accused said that the respective gatherings by their clients were chance meetings and therefore unplanned.

Stompさんの投稿 2020年6月25日木曜日

ハロアジニュース

こんにちは。
毎日シンガポールのおもしろニュースを投稿してます。

コメントよろしくね。

コメントを残す

Your email address will not be published.

Previous Story

シンガポール 継娘を妊娠、出産させた男に懲役26年!

Next Story

シンガポール韓国経絡マッサージ K-beauty Saenggi、ホーランドヴィレッジに新しく出来たよ!

Latest from シンガポールニュース

シンガポール 悪質すぎる歩行者の嫌がらせ行為!

腹いせか⁉ 歩行者による悪意ありすぎのイタズラ行為! 被害者男性の車のドライブレコーダーにはこの嫌がらせの一部始終が記録されていた。 男性はハザードランプを点灯させて車をバックさせていた。 近くを歩いていた