シンガポール 息子の重すぎる判決に母親失神!

息子の判決を聞いた母親はショックでその場で失神してしまった。

もうすぐ21歳になる男は、レイプなど9つの罪で22年間の懲役刑と杖刑24回が言い渡された。

男が罪を犯し始めたのは彼が15歳のころだったという。

被害者には当時13歳未満の少女や、軽度の知的障害を持った女性なども含まれているのだという。男の子供を妊娠し、出産した人も。

この男の母親にとってこの判決は聞いた途端にその場で失神してしまうほどの大きな打撃を与えた。

息子が逮捕されて以来、母親に対する周りの人々の目は非常に厳しく、嫌がらせ行為を受けることも度々あったのだそうだ。

現在、彼女の前夫と現夫は薬物違反で服役中で、もう一人の息子も借金取りハラスメント行為で更生トレーニング中とのこと。

母親曰く、彼は小さなころからとても大人しい子で、犯罪を犯すとはとても思えなかったのだそうだ。

この母親にとっては家族の中で唯一まともな道を歩んでいたと思っていた息子までもが罪を犯し、その罪がまたとんでもないものだった、ってところだろうか?

被告の母親って立場も相当に辛いものがあるのだろうな。

こういう立場の人に対して人って驚くほど冷酷な仕打ちをするからね。

"He was just 15 when he began his spree of sexual offending in April 2015."

Stompさんの投稿 2020年7月14日火曜日

ハロアジニュース

こんにちは。
毎日シンガポールのおもしろニュースを投稿してます。

コメントよろしくね。

コメントを残す

Your email address will not be published.

Previous Story

OBARAチャンネル! 海外リゾキャバ と宅飲みして夜の闇を暴いてみたw〔#26〕

Next Story

シンガポール近所迷惑! 階上の洗濯物から滴り落ちる水滴!

Latest from シンガポールニュース

シンガポール 闇組織員が葬式で唱えたスローガン!

葬式中に暴力団のスローガンを唱え続けていた男達! 昨年8月、22歳から45歳までの男8人が、闇組織の一員であるとして逮捕された。 彼らは葬式の最中に闇組織のメンバーであることを見せびらかすためか、その組織のスローガンを唱

シンガポール 不衛生!公共の場に飛び散った食品!

不快!床や壁に飛び散った卵と小麦粉! Hougangにある建物のボイドデッキで、床や壁に大量の割れた卵と小麦粉が散乱しているのが発見された。 知らせを受けた管理会社がすぐにその場所を掃除し、元の状態に戻すことができたとの