シンガポール 外国人労働者の給与を虚偽申告!レストランに罰金刑!

MOMに対し外国人労働者の給料を上乗せして申告していたレストランに罰金刑!

Upper Serangoon Roadにあるインド及びマレー料理店である7 Star Restaurant が、この店で働いていた外国人従業員二人の給料に関し労働省(MOM)へ虚偽の申告をしていたことが発覚した。

申告書には二人の給与が3000ドル以上あると記入していたにも関わらず、実際にはその半分以下しか支払っていなかったという。

そしてその支払額は外国人労働者の最低賃金を下回っていた。

しかも、労働者たちは申告額と実際に支払われた賃金との差額をレストラン側に現金で返金しなければいけなかったとのこと。

裁判所はこのレストランに対し52000ドルの罰金刑の支払いを言い渡した。

尚、このレストランは現在すでに閉店しているということだ。

これ、レストラン経営側は明らかにわざとやっているよね!かなり悪質感漂っているわ。

差額を返金させるなんて、随分と酷いやり口だよね。労働者側はおかしいと思わなかったのだろうか?

https://www.straitstimes.com/singapore/courts-crime/company-fined-52000-for-falsely-declaring-monthly-salary-of-its-workers-to

コメントを残す

Your email address will not be published.

シンガポールニュース
Previous Story

シンガポール safe distancing measures違反のレストランに罰金刑及び業務停止命令!

シンガポールストリートファッション
Next Story

シンガポールストリートファッション とはこれだ!

Latest from シンガポールニュース

シンガポール 15歳、16歳少女2人が飛び降り自殺!

少女2人が連れ立って飛び降り自殺! 4月3日夜、Toa Payohにある建物で若い女性二人が頭から血を流して倒れているのが発見され、その場で死亡が確認された。 2人は15歳と16歳で、親しい友人同士だったということだ。お