シンガポール 老人同士の喧嘩の仲裁に入った男性がナイフでケガ!

老人同士の喧嘩の仲裁に入った男性がケガ!

事件は8月25日午後、Bendemeer Roadにあるオフィスの一室で発生。

73歳の男が69歳の男性に刃渡り15センチのナイフを持って襲い掛かり、それを止めに入った31歳の男性が腕にケガを負ったのだという。

ケガをした男性は刺されそうになった男性の息子だという。

3人ともに病院へ搬送されたというが、命に別状はないということだ。

加害者の男は凶器を使用した傷害罪の疑いで逮捕、起訴される予定だ。

息子さんは命がけで父親を守ることができたのだね。

命に別条がなかったようで良かったよ。

ナイフを振りかざすことになったことの発端は何だったのだろうね?

The elderly man had attacked his victim's father, 69, with a 15cm-long fruit knife. The victim, 31, sustained the injuries when he tried to intervene.

Stompさんの投稿 2020年8月26日水曜日

コメントを残す

Your email address will not be published.

シンガポールニュース
Previous Story

シンガポール マスクを適切に着用しない肉屋に警告文!

Next Story

シンガポール スーパーマーケット悪ふざけ少年二人に保護観察処分!

Latest from シンガポールニュース

シンガポール 実の娘にレイプ!44歳男に懲役刑!

性的嫌がらせ行為からレイプへ!実の父親に懲役刑! 44歳の男は実の娘に対し性的な行為を最低でも週1回、9歳から15歳までのおよそ6年間続けていたのだという。 最初は体を触るなどだったものが、だんだんとエスカレートし、しま