シンガポール 老夫婦殺害のメイド その動機は?

殺害の動機は「ただ逃げ出したかったから。」

2017年6月、当時41歳だったインドネシア人メイドが79歳と78歳の夫婦を殺害する事件が発生。

メイドは夫婦の口をテープでふさいで手足を縛り、棒などを使って頭を殴ったり、腹部を踏みつけたりして殺害した。

そして、自分のパスポートを取り返し、夫婦の貴金属類を盗み、その日のうちに船でシンガポールを出国し、インドネシアに戻ったのだという。

女はインドネシアの法律によりシンガポールではなくインドネシアで裁判を受けた。終身刑の判決後、懲役20年に減刑されたのだという。

女は老夫婦殺害の動機は怒られるのが嫌でとにかく逃げ出したいと思ったから、と話したということだ。

近隣住民の話では殺害された夫婦は笑って挨拶をしてくれるフレンドリーな人だったのだとか。

事件発生時、女がこの老夫婦の下で働き始めてまだ1か月足らずだったという。

逃げ出したいのなら逃げればいいのにwww 殺害までする必要あったの?

「怒られた」っていうけど、殺してしまいたいと思うほどに酷い仕打ちを受けていたのだろうか?

シンガポールで裁かれていれば間違いなく死刑判決が下されていただろうね。

死刑から考えると懲役20年に減刑って、とてつもなく軽く感じてしまうよ。

The couple were found tied up and unconscious. Mr Chia had suffered blunt force trauma to his head, while Madam Chin suffered blunt force trauma to her head and chest.

Stompさんの投稿 2020年9月3日木曜日

コメントを残す

Your email address will not be published.

Previous Story

シンガポール 連れ子に虐待行為の元小学校教師に有罪判決!

Next Story

シンガポール 手違いで刑期延長⁉裁判所が謝罪!

Latest from シンガポールニュース

シンガポール 覗き見を繰り返していた男に有罪判決!

様々な場所でのぞき見動画を撮影していた男に有罪判決! 当時16歳だった男は教会キャンプやMRT車内、学校の女性用トイレなど様々な場所で女性のプライベートシーンを密かに撮影していた。 そしてその動画を何度も何度も見返しては